展覧会情報

特別展「没後100年 宮川香山」

概要

日本が幕末、明治維新と激動期を迎える少し前に、ヨーロッパでは19世紀後半から万国博覧会(以下、万博)が開催され、多くの国々が威信をかけて産業品を出品し、華やかな万博全盛期を迎えます。日本も1867年のパリ万博から浮世絵などを出品し、それらはジャポニスムとしてヨーロッパの芸術活動に影響を与えました。また、当時の日本の窯業界では、西洋の焼成法などが紹介され、新たな時代が始まります。
初代宮川香山(1842~1916)は、こうした激動期に陶磁器の作成のため1870(明治3)年に京都から横浜に移り、眞葛(まくず)焼として京焼の伝統を踏まえた作品や緻密に装飾された「高浮彫(たかうきぼり)」などを、1876(明治9)年のフィラデルフィア万博から次々に発表しました。それらの作品は数多くの受賞を果たし、“マクズ・ウエア”として絶賛を博しました。しかし香山はその成功にとどまることなく、釉薬や中国古陶磁の研究に邁進し、一層の成功を収めました。その多岐にわたる作風は、同時期に万博に出品していたロイヤル・コペンハーゲンなどのヨーロッパの名窯にも影響を与え合うほどのものとなったのです。
今回の展示では、前期の「高浮彫」から、後期の中国古陶磁と釉薬の研究による作品に至るまで、日本の近代陶芸を牽引した香山の全貌を、田邊コレクションを中心に紹介します。

※展示点数 : 約150件
※会期中、展示替えがあります。

開 催 要 項

名称特別展
「没後100年 宮川香山」
会期平成28年4月29日(金)~7月31日(日)
会場大阪市立東洋陶磁美術館 休館日月曜日(5/2、7/18は開館)、7/19(火)
開館時間午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで) 主催大阪市立東洋陶磁美術館、NHK大阪放送局、NHKプラネット近畿、朝日新聞社
協賛日本写真印刷 協力神奈川県立歴史博物館
観覧料一般1,200(1,000)円、高校生・大学生700(600)円
※(  )内は20名以上の団体料金
※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市内在住の65歳以上の方(要証明)は無料
制作協力NHKプロモーション
同時開催※「宮川香山展」開催のため、規模を縮小して展示しています。
[平常展]安宅コレクション中国陶磁(25点)、
     安宅コレクション・李秉昌コレクション韓
     国陶磁(24点)
     沖正一郎コレクション鼻煙壺
問い合せ 大阪市立東洋陶磁美術館
TEL.06-6223-0055  FAX.06-6223-0057

主 な 出 品 作 品