沿革

                   
月 日 事 項
1980(昭和55)年 3月   住友グループ21社から安宅コレクション寄贈の申し出を受ける
大阪市は中之島公園内に専門美術館を建設することを発表
  4月   美術館建設基本構想策定に着手(同年9月策定)
10月   基本構想に基づき、美術館設計に経験ある設計事務所(3社)に提案を求める
11月   基本設計に着手(1981年2月完了)
12月   実施設計に着手(躯体設計1981年3月、仕上設計同年5月完了)
1981(昭和56)年 2月   第12回大阪市都市景観等懇談会に図る
6月   実施設計に着手(躯体設計1981年3月、仕上設計同年5月完了)
1982(昭和57)年 9月   大阪市立東洋陶磁美術館条例制定
11月   竣工
11月6日   大阪市立東洋陶磁美術館開館式
11月7日   一般公開開始 開館記念展「東洋陶磁の展開」(~1983年1月14日)
1983(昭和58)年 3月   「昭和57年照明普及賞」を受賞
1984(昭和59)年 3月31日   「建築業協会賞」を受賞
1985(昭和60)年 4月   友の会発足
9月15日   友の会通信発行開始
1987(昭和62)年 10月14日   開館5周年記念特別展「李朝陶磁500年の美展」(~11月23日)
1989(平成1)年 4月1日   開館以来の新収蔵品から50点を「新収蔵品展」(~5月7日)にて紹介
1991(平成3)年 11月23日   シカゴ美術館(~1992年2月3日)、サンフランシスコ・アジア美術館(同年3月2日~4月26日)、ニューヨーク・メトロポリタン美術館(同年5月2日~7月12日)において「安宅コレクション朝鮮陶磁展」を開催
1992(平成4)年 10月10日   開館10周年記念特別展「高麗青磁への誘い」(~11月29日)
1995(平成7)年 1月17日   兵庫県南部地震 以後、粘着マット、免震装置などを随時導入し、地震対策の強化に努める
1996(平成8)年 2月2日   第1次李秉昌コレクション韓国陶磁123点の寄贈
3月   第1期ボランティアガイド活動開始
4月   小・中学生入館料の無料化開始
1997(平成9)年 7月   新館増築工事着工
1998(平成10)年 1月10日   開館15周年記念特別展「―中国中原に華ひらいた名窯―耀州窯展」(~2月22日)
3月25日   第2次李秉昌コレクション韓国陶磁109点の寄贈
3月30日   本館一部改修、及び新館との接続工事着工のため休館(~8月31日)
4月7日   山口県立美術館(~5月10日)、愛知県陶磁資料館(5月16日~6月21日)、栃木県立美術館(6月28日~7月26日)において「安宅コレクションの名宝展」を開催
9月1日   改修工事、接続工事の終了により本館部分を再開館
9月30日   第3次李秉昌コレクション韓国・中国陶磁131点の寄贈
1999(平成11)年 3月16日   新館開館式典
3月17日   新館一般公開 新館開館記念展「優艶の色・質朴のかたち―李秉昌コレクション韓国陶磁の美―」(~4月18日)
4月   「韓国陶磁研究奨学生」の募集開始(以後2007年まで毎年度募集)
2000(平成12)年 1月25日   メトロポリタン美術館「大阪市立東洋陶磁美術館蔵 韓国陶磁名品展」(~6月11日)
3月1日   ホームページ開設
3月   李秉昌記念陶磁資料室公開
4月1日   第2期ボランティア・ガイド活動開始
6月   メトロポリタン美術館において当館韓国陶磁の33点を常設展示(~2002年7月)
8月3日   第1次堀尾幹雄コレクション濱田庄司作品ほか291点の寄贈
10月   ベルリン国立東アジア美術館において当館韓国陶磁の21点を常設展示(第1回・~2004年10月)
2001(平成13)年 3月29日   第2次堀尾幹雄コレクション濱田庄司作品ほか50点の寄贈
7月5日   第3次堀尾幹雄コレクション中国陶磁ほか43点の寄贈
8月   地震対策強化のため、本館展示室の免震台工事開始(~2012年3月まで毎年度継続実施)
2002(平成14)年 4月26日   MOA美術館(~6月9日)、栃木県立美術館(6月15日~7月14日)、山口県立美術館・浦上記念館(9月7日~10月27日)において「心のやきもの李朝-朝鮮時代の陶磁」を開催
11月2日   開館20周年記念展「心のやきもの李朝-朝鮮時代の陶磁」(~12月8日)
2004(平成16)年 4月   第3期ボランティア・ガイド活動開始
10月   ベルリン国立東アジア美術館において当館韓国陶磁の21点を常設展示(第2回・~継続中)
2005(平成17)年 10月   九州国立博物館において当館韓国陶磁約30点を「文化交流展示 海の道、アジアの路」として常設展示(~2011年3月21日まで計4回実施)
10月14日   第4次堀尾幹雄コレクション濱田庄司作品ほか32点の寄贈
2006(平成18)年 4月   指定管理者制度導入
2007(平成19)年 4月7日   開館25周年記念特別展「美の求道者・安宅英一の眼―安宅コレクション」(~9月30日)
10月1日   電気室内アスベスト除去工事のため休館(~2008年3月31日)
10月13日   三井記念美術館(~12月16日)、福岡市美術館(2008年1月5日~2月17日)、金沢21世紀美術館(2月29日~3月20日)において「美の求道者・安宅英一の眼―安宅コレクション」を開催
2008(平成20)年 4月1日   友の会制度のリニューアル
6月3日   沖正一郎コレクション鼻煙壺1200点の寄贈
9月18日   沖正一郎鼻煙壺展示コーナー新設・公開
10月19日   京阪電車中之島線開通にともない、最寄り駅「なにわ橋」駅新設
2009(平成21)年 4月1日   ホームページのリニューアル公開
2011(平成23)年 12月26日   空調設備改修、LED照明設置のため休館(~2012年4月6日)
2012(平成24)年 1月28日   サントリー美術館において「大阪市立東洋陶磁美術館コレクション―悠久の光彩・東洋陶磁の美」を開催(~4月1日)
3月10日   甘粛省博物館(~5月6日)、北京芸術博物館(5月18日~8月15日)、遼寧省博物館(8月30日~10月21日)、大連現代博物館(11月1日~2013年1月5日)、厦門市博物館(1月18日~3月15日)、内蒙古博物院(3月27日~5月25日)において「江戸名瓷―伊万里展」を開催
4月7日   全展示ケース内に免震台完備、LED照明導入し、再開館
開館30周年記念特別展「国立マイセン磁器美術館所蔵 マイセン磁器の300年」(~7月22日)
8月10日   開館30周年企画展「白磁を飾る青―朝鮮時代の青花」(~10月14日)
10月27日   開館30周年企画展「国宝 飛青磁花生と国宝 油滴天目茶碗―伝世の名品」(~12月25日)
2014(平成26)年 10月1日   ホームページのリニューアル公開