館長メッセージ

やきものは人類が最初に発明した化学変化をともなう実用的造形作品です。
その長いやきものの歴史の中で、芸術的にも素晴らしい作品が多数制作されてきました。

特に、東洋のやきものは世界的にも高く評価され、鑑賞の対象ともされてきたのです。

東洋陶磁美術館のコレクションの多くは、芸術作品として鑑賞されることを第一に目指して収集されました。その結果、やきものの通史を紹介するには十分ではありませんが、じっくりと鑑賞していただくには、最高のコレクションと展示環境を備えた美術館となっています。ご来館された方々に芸術作品としてのやきものを存分に鑑賞していただくための、展示上の様々な工夫も凝らされています。自然採光の展示室を設けているのもその一例です。

撮影:吉川譲

東洋陶磁美術館のコレクションの中で、一つでも、二つでもお気に入りの作品を探してみてはいかがでしょうか。きっと、そうしたお気に入りの作品も、再会するたびに、様々な新たな表情を見せてくれることがあるかもしれません。

世界的にも高く評価されているやきもののある展示空間で、充実した時間を過ごしていただきたく思っています。

大阪市立東洋陶磁美術館
館長 出川哲朗