中国陶磁室

元~明時代

元時代(1271〜1368)は、宋時代にひきつづき各地でさまざまな陶磁器を生産したが、景徳鎮窯(けいとくちんよう)は、青花磁器の技術を完成させることによって、中国における陶磁器生産の首座の地位を確立した。青花(せいか)は白磁の素地にコバルト顔料で文様を描き、その上に透明釉(とうめいゆう)をかけて焼きあげたもので、わが国では染付(そめつけ)と呼んでいる。元時代の青花磁器には、大型の器物に文様をびっしりと描いたものが多く、鮮麗で、力強さに満ちており、中近東などに盛んに輸出された。また、コバルトの代りに酸化銅を顔料に使った釉裏紅(ゆうりこう)や、それらの顔料を釉に溶かした瑠璃釉(るりゆう)や紅釉(こうゆう)も見られ、枢府銘(すうふめい)をともなった白磁とともに、この時代を特徴づけている。景徳鎮窯以外では、宋時代に引き続き龍泉窯(りゅうせんよう)が活発であり、大量の青磁を生産して海外にも輸出した。
明時代(1368〜1644)に入ると、景徳鎮に御器厰(ぎょきしょう)が置かれ、青花磁器は洗練さを加えて行った。白磁の素地は精選され、コバルトの発色は冴え、文様は洗練され、流麗きわまりない製品を作りあげた。なお、宣徳(せんとく)年間以降、官窯製品には年款銘が入る。成化(せいか)年間に至ると、青花磁器の頂点ともいうべき、優美で洗練された珠玉の精品が生み出された。上絵(うわえ)の技法を取り入れた成化豆彩もあらわれる。明時代の後半、嘉靖(かせい)年間になると青花は下火となり、代って上絵付の全盛時代を迎えた。五彩(ごさい)や雑彩(ざっさい)、さらに金彩を加えた金襴手(きんらんで)など、豪奢(ごうしゃ)な製品が、官窯、民窯を通じて作り出された。万暦(ばんれき)年間には万暦赤絵を生みだしたが、明の官窯はこの時期に終焉を迎えた。

  • 中国陶磁室 宋時代