過去の展覧会

「大坂の陣400年記念事業」特別展:「黄金時代の茶道具-17世紀の唐物」

概要

日本は、古くから海外の美術品を珍重し、特に室町時代には幕府を中心に、多くの中国の美術品を「唐物」として珍重しました。それに対し珠光(しゅこう)は「侘茶」を提唱し、煌びやかな曜変(ようへん)天目などより、侘びた灰被(はいかつぎ)天目が好まれるようになり、唐物の美意識も変化しました。さらに16世紀には「侘茶」の大成に伴い、井戸茶碗などの韓国陶磁も珍重され、「唐物」の概念が広がりました。それらの背景には、16世紀から17世紀にかけての千利休、織田有楽、古田織部、小堀遠州、金森宗和などの茶人の台頭があり、まさに茶の湯における黄金時代と呼ぶにふさわしい時代となったのです。

今回の展示では、これらの茶人たちのたくまざる創意・工夫によって変化していく美意識と、「唐物」の概念の変貌をたどります。

開 催 要 項

名称「大坂の陣400年記念事業」特別展:
「黄金時代の茶道具-17世紀の唐物」
会期平成27年4月4日(土)~6月28日(日)
会場大阪市立東洋陶磁美術館 休館日月曜日(5月4日は開館)、5月7日(木)
開館時間午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで) 主催大阪市立東洋陶磁美術館、NHK大阪放送局、NHKプラネット近畿、朝日新聞社
観覧料一般1200(1000)円、高校生・大学生700(600)円
・( )内は20名以上の団体料金
・中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名含む)、大阪市内在住の65歳以上の方(要証明)は無料
展示点数57作品
同時開催[平常展]安宅コレクション中国陶磁、安宅コレクション・李秉昌コレクション、韓国陶磁、沖正一郎コレクション鼻煙壺 問い合せ 大阪市立東洋陶磁美術館
TEL.06-6223-0055  FAX.06-6223-0057

主 な 出 品 作 品