新着情報

〈TOPICS〉担当学芸員おすすめの作品解説№4(特別展「高麗青磁―ヒスイのきらめき」
2018.10.08

 担当学芸員おすすめの作品解説  №4

青磁陰刻牡丹文輪花形  高麗時代・12世紀前半   大阪市立東洋陶磁美術館蔵

4D992BD5-0777-44BD-8D51-9EB43BE7B5C8

写真:六田知弘

器の内面に大きな牡丹を一輪、繊細な陰刻線で流麗にかつのびやかに描いた盤です

5CCF5BB8-7C8F-4048-B3C1-C23B5D038D52

花弁や葉脈にも細い線を加え、さらに花弁の縁をギザギザにし実際の牡丹の趣を感じさせ透明感あふれる灰青緑色に焼き上がったヒスイのようなその艶やかさは、吸い込まれるような深い印象を与えます

 

422B8E49-A852-4CE9-B1C8-29B57C98164B

牡丹       写真:六田知弘

新着情報一覧へ戻る