韓国陶磁室

朝鮮時代・粉青

朝鮮時代(1392〜1910)の前期(15〜16世紀)を代表するのは、粉青である。これは韓国で「粉粧灰青沙器(ふんしょうかいせいさき)」と名づけられたものの略称で、日本では俗に「三島(みしま)」と総称し、時に「三島」と「刷毛目」と分けて呼ぶ場合もある。鉄分をふくむ灰青色の胎土で成形し、青磁釉に似た釉薬をかけて焼成する点で、高麗青磁の技法をそのまま伝承している。事実、象嵌文様をほどこしたものについては、高麗の象嵌青磁との区別をつけることが困難で、時代決定には慎重を要する。しかし、粉青の大部分は、釉下に白泥による化粧がけをほどこし、そこにさまざまな手法で文様をあらわすことによって、高麗青磁と一線を劃している。それにともなって、文様・器形もまったく新しい生気に満ちた意匠に変貌を遂げ、朝鮮時代の陶磁に魅力を添えた。
粉青は、その施文方法により、次のタイプに分類できる。
1.象嵌(ぞうがん)(線象嵌・面象嵌)
2.印花
3.白地(掻落(かきおとし)・線刻・鉄絵・刷毛目)
4.粉引
15世紀前半には磁器所が139箇所、陶器所が185箇所、合計324箇所の生産地があったという記録があるが、粉青が陶器所で生産されたかどうかについては異説がある。いずれにしても16世紀中ごろまで発展したが、その後、白磁に吸収されていったと考えられている。

  • 韓国陶磁室 朝鮮時代・粉青