韓国陶磁室 朝鮮時代・磁器

朝鮮時代(1392〜1910)にはさまざまな陶磁器がつくられたが、一貫して生産され続けたのが白磁である。とくに15世紀前半には、「世宗(せそう)朝(1419〜1450)の御器(ぎょき)は、もっぱら白磁を用う」という記録を裏付けるように、端正な器形と、純白の釉調の、すぐれた白磁を作りあげた。これら上質の白磁は、京畿道の広州など、4箇所で焼造されたと記録されている。15世紀中ごろから、広州ではまた、白磁の釉下にコバルト顔料で文様を描く青花が製作された。これらの絵付けには、都から画院の画家が派遣され筆を取ったことが記録されており、見事な筆致の作品がわずかに残されている。
16世紀末から17世紀はじめにかけて、文禄・慶長の役や清の侵略を受けて、朝鮮半島の陶磁生産はほとんど壊滅状態に陥った。この時期以降、官窯は広州地区に集中することになる。そこでは、18世紀前半ころ、おだやかな釉調の白磁と、簡素な文様の青花が焼造され、中国陶磁の影響から離れた朝鮮時代独自の美の世界を作りあげた。一方、17世紀には、青花の顔料である回青(かいせい)が不足したため、白磁の釉下に鉄絵具で絵付けする鉄砂(てっしゃ)が、広州はじめ各地でさかんに焼造された。18世紀には、やはり白磁の釉下に銅絵具で絵付けする辰砂(しんしゃ)が、地方の窯でつくられた。1752年以降、広州官窯は、分院里に移設され、安定した生産態勢が整えられ、全盛を誇る。しかし1883年、国力の衰えとともに分院里窯は民窯に移管され、500年の官窯の歴史を閉じた。