韓国陶磁室 高麗時代

高麗時代(918〜1391)の陶磁を代表するのは、青磁である。その起源については、まだ明らかでない部分があるが、遅くとも10世紀初めまでに、中国・越州窯青磁の技術が伝わって、発展の基礎が固まったと考えられる。 12世紀前半には最盛期を迎え、翡翠色に輝く翡色(ひしょく)青磁を完成させた。宣和5年(1123年)、高麗の都・開城を訪れた中国使節団の一員、徐兢(じょきょう)が著わした『高麗図経(こうらいずきょう)』には、青磁が翡色と呼ばれ、色・艶ことのほか美しく、塗金や銀製の器皿(きべい)より貴ばれていたと伝えている。また、12世紀中ごろには、高麗独自の技法といわれる象嵌(ぞうがん)青磁をつくりだした。成形した器物の生乾きの表面に文様を彫りこみ、そこに白土・赭(あか)土を埋めこんで素焼したのち、青磁釉をかけて焼きあげたものである。青磁釉の下で織りなされる白黒象嵌文様は、鮮麗な味わいを持っている。これら翡色青磁や象嵌青磁の優品は、全羅南道康津、全羅北道扶安などで主に生産された。12世紀から13世紀にかけて、このほか、鉄絵具で文様を描く鉄絵、白泥で文様を描く白堆、酸化銅の彩料を点じる辰砂(しんしゃ)、青磁の釉下に鉄泥をひく鉄地、三種類の土を混ぜ合わせる練上(ねりあげ)など、さまざまな種類の青磁が生みだされた。また、わずかながら白磁も生産された。 14世紀の末ごろまで象嵌青磁は大量に生産されたが、質的には衰退が見られ、やがて朝鮮時代の粉青(ふんせい)に継承されていった。