大阪市立東洋陶磁美術館

当館について

館の概要

大阪市立東洋陶磁美術館
THE MUSEUM OF ORIENTAL CERAMICS, OSAKA

大阪市立東洋陶磁美術館は、世界的に有名な「安宅コレクション」の中国陶磁、韓国陶磁約1,000点を住友グループ21社から寄贈されたことを記念して設立したもので、1982(昭和57)年11月に開館しました。2点の国宝と13点の重要文化財を含む館蔵品は日本陶磁の収集、「李秉昌(イ・ビョンチャン)コレクション」韓国陶磁、濱田庄司作品、ペルシア陶器、鼻煙壺などさまざまなコレクションの寄贈も受け、東洋陶磁のコレクションとしては、世界第一級の質と量を誇るものとなっています。

展示では、代表的な作品約400点によって中国、韓国、日本の陶磁などを系統的に紹介しています。そのほか、年1~2回の企画展、特別展では、専門的なテーマの展開によって、より深い研究と鑑賞に役立てています。

展示ケースに自然光を取り込んだ自然採光室、回転式展示台、免震展示台など、設備にも様々な工夫をこらしています。

当館は、充実した収蔵品、最新の展示設備、中之島公園に位置する立地条件の良さという特徴を生かして、親しみやすく快適な新しいタイプの都心型の美術館をめざしています。